会社員が宮城で農業に転職するメリットとデメリット

会社員が宮城で農業に転職すると、やりがいがある、ご飯が美味い、仕事が楽しいなどのメリットが期待できます。

農業は広大な農地を耕して色々な野菜を育てて収穫をしたり、田んぼを作ったりするのが仕事です。宮城県内に住んでいる人々の食を支えていることになるので、自然とやりがいを感じるようになります。都会のように騒音や排ガスもなく、空気も綺麗なので深呼吸したくなるのもメリットと言えます。

また、身体を動かすことが多い仕事なことから、ご飯を美味しく頂くことができます。食べながら転職してよかったと思わず口に出るかもしれないです。あと、同業者が一緒に働いていた時は、挨拶だけでなく雑談も可能です。なので、仕事が楽しいと考えるようになっていきます。

ただ、雑談ばかりしていると、妻が怒ると思われるので程々にしておいたほうがいいです。デメリットは最初は収入が少ない、雨が多いと仕事ができないなどです。転職して農業を開始すると、初めは野菜を作って収穫しても中々お金には結びつかないです。

ただ、国から農業を始めた人達にお金が出るので、活用すれば助けになります。また、6月から10月にかけての宮城の季節は大雨がきやすいです。梅雨や秋雨、または台風がやって来るので、連日の豪雨になってもおかしくないです。

田んぼを作ってある時は、水を一旦抜いておくと雨が溜まってくれるので、水の入れ替えにかかる費用を節約できます。井戸を所有している場合は、大雨が降ると水が大量に下に溜まるので、活用しない手はないです。

レバテックキャリアについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です